SA協議会(セーフティアソシエイツ協議会)とは

セーフティアセッサ協議会は、セーフティアセッサの社会的認知度の向上、技術力の向上、社会的地位の向上、セーフティアセッサ間の情報交換の円滑化等を目的とし、2008年9月に設立されました。また、2016年には、活動の基盤強化等を図るため、(一社)セーフティグルーバル推進機構(以降IGSAP)へ総会決議により合流いたしました。
その後、IGSAPでは、セーフティアセッサ資格をベースとしたロボット安全資格制度を2018年度発足させ、ロボットセーフティアセッサ資格者が誕生しています。また、今後も安全マネジメント資格など他分野における要員認証制度の発足が予定されており、新たな要員認証資格者のための協議会の必要性が出てきています。
そのため、IGSAPでは、資格者の自主活動組織として現状のセーフティアセッサ協議会を包含する組織としてセーフティアソシエイツ協議会を発足し、セーフティアソシエイツ協議会のもとに、現行のセーフティアセッサ協議会を、2019年7月よりセーフティアセッサ部会と改称しています。

SA協議会規定


SA部会(セーフティアセッサ部会)とは

セーフティアセッサ部会(以下SA部会)は、従来通り、セーフティアセッサ資格者(以下SA資格者)が、更なる活躍の場を自ら討議し、推進していく自主活動組織として、SA資格者の社会的認知度、技術力、社会的地位等の向上、及びSA資格者間の情報交換と交流の円滑化等を目的として以下の活動を行います。

  • (1) SA資格者の社会的認知度向上のための活動
  • (2) SA資格者間の情報交換会・勉強会の実施
  • (3) SA資格制度の運営に関する提言・改善等の活動
  • (4) SA部会の運営ためのワーキンググループの組織化及び活動
  • (5) その他、SA部会の目的に必要かつ関連する活動

また、SA部会は、以下ののいずれかに該当する会員により組織されます。

  • (1) SA資格者でSA部会に入会を希望する者。なお、SA部会への入会者は、IGSAPの個人賛助会員として資格者情報とともに登録することに同意する。
  • (2) SA資格者ではないが、SA部会運営会議(以下運営会議)で推薦、承認された者。なお、この者はIGSAPの個人賛助会員とはならない。

SA部会規定


1 2 3 4 5 Last »